【中洲川端周辺】炭火焼肉「げん」良質な最高級黒毛和牛を堪能できるお店!

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉 グルメ・レストラン

中洲川端と呉服町の間に位置する店屋町に佇む炭火焼肉「げん」。この周辺は穴場と言われるくらいに良いお店がひしめき合っています。
今回は友人推薦の炭火焼肉店へ行き、良質な最高級の黒毛和牛を堪能してきました。最初は部位別に食べ比べをして、美味しいものを再度注文するという食べ方をしてきました。
どのお肉も柔らかくて甘くて美味です。


「げん」の外観と内観

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉
出典:tabelog.com

外観を見ただけだと狭いお店かな~と思ったのですが、中に入ると席にもゆとりがあって全席掘りごたつ♪
靴を脱いで上がるタイプのお店ですけど、気にならないくらい清潔で居心地のいいお店でしたよ。
全席掘りごたつにしてあるのは大正解ですね!

完全個室はありませんが、仕切りがあって目線が合わない半個室があるので十分ではないかと思います^^
友人に紹介したり、友人を連れて行きたくなるお店だった。

 

お料理

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉
出典:tabelog.com

お店の看板メニューは”特選ハラミ”で、多くの常連さんにも長年愛され続けている一品。
なんと、牛1頭からわずか2㎏ほどしかとれないという貴重なハラミだそうですよ。

その上、工場で一番のものを仕入れていて、肉の鮮度、サシ、品質、味のどれをとっても一切の妥協のないハラミです。
肉の良し悪しが見てもわかるけど、食べると…もう柔らかくて甘い!丁度いい、心地いい油で胃もたれしないよ。

食べ比べてハラミが一番おいしい!と思いました。食べ比べるとハラミだけ美味しさが引き立つのです♪
 



レポート

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

▼トモバラ
中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

▼リヴロース
中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

▼黒牛サガリ
中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

▼黒牛ハラミ
中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

お肉三昧で、野菜は韓国サラダのボウル1つだけ。どこまでもお肉三昧してきました。

まずはお肉の食べ比べをするために特選厚切り盛り合わせを1つ。そしてホルモン通の方にはコレ!と言われている「シマチョウ」。
まずはこのあたりからお肉を食べすすめ、一番おいしかったのは「ハラミ」だった。ハラミのお代わりをしたくらいでお肉はお腹いっぱい。

お肉の上質さはよくわかります。見た目もキレイですが、食べたらよくわかる。和牛の良さは臭みがなく柔らかくて食べるごとに甘みが増す。
外国産のお肉では味わえないお肉の繊細な味がたまらんのです!

感動したのは焼肉だけではありません!

「白センマイ刺し」は丁寧にした処理してくれているのだと思う。手間暇かかっていると思います。臭みが全くない!
「和牛さがりユッケ」も新鮮で柔らかくて甘くておいしかった!新鮮じゃないとこういう食べ方はできませんからね。

実はテールスープもいただいたのですが写真撮り忘れました。
辛さを選べたので中辛にしたのですが、程よくピリ辛で食が進みました。

今回はご飯もの、チヂミを頼みませんでしたが、次回は食べてみたいと思えるほど外れがなかったです。
 

店舗詳細

【げん】
■住所:福岡県福岡市博多区店屋町2-23 店屋町ビル 1F
■TEL:092-282-1123
■営業時間:[月~日] 17:30~23:00 (L.O22:30)
■定休日:不定休
■席数:43席 (全席掘りごたつ)
■ホームページ: 詳細はこちら

編集後記

中洲川端 焼肉,呉服町 焼肉,炭火焼肉,福岡 焼肉

焼肉はたくさんの量が食べられないので、美味しい食材のものを少しずつ食べるのが好きなのです。こちらのお店はまさしく!でした。

とにかくお肉が美味しい。その中でもハラミが最も美味しかった、一押しされている食材ということも頷けます。

テーブルにお塩が3種類ありますので、お肉の味をしっかり堪能したいのであれば最初の一口はお塩でどうぞ。ついついタレにつけて食べたくなりますが、最初の一口はお塩を使って食べることを推奨します。

最初にお話ししましたが、テーブルの配置がいいのか?掘りごたつがいいのか?お店の雰囲気なのか?正直なぜかわかりませんが、長居したくなる雰囲気のお店でしたよ。程よい空間がそう思わせるのでしょうか。
ホント、不思議でした。