福岡空港から直行便で行ける魅力的な海外10選!(バージョンアップ版)

福岡直行便,海外旅行 旅行・おでかけ

福岡空港は交通の便が良くて、
地下鉄に飛び乗ればあっという間に空港到着♪

博多駅から乗ったら2駅目が福岡空港駅という
この利便性、移動が楽でストレスフリーなのが福岡の魅力のひとつでもあり、こじんまりした都市部の良さだと思ってる。

毎日の生活に追われてふと時間があったら海外でのんびりしたい!
短時間で行けて魅力的な海外はどこがあるかな?

っと考えた時に・・・
福岡空港発着、乗り換えなしで行ける外国は?と考えて調べました。
ここなら太鼓判を押しておすすめできます!って近場の海外をご紹介します♪

ほぼアジアですが、この魅力は今の経済発展途中だからこそ味わえます!
また同じアジアでも海外の文化・歴史・人と触れ合うのもリフレッシュになっていいんですよ!

小さなことでくよくよ悩まなくなる可能性大!
ちょっとの休みに計画するなら福岡空港からの直行便がある親日国へ出かけてみましょう!

スポンサーリンク

福岡から直行便で所要時間が短い順に9選しました!

こうやって場所と所要時間を見てみると、こんなに近いの!っと驚きを隠せません!
福岡は日本の最も西側にある大きな都市になります。北海道へ行くよりもアジアへ行ったほうが近い場所も多いですね。
ちょっとリフレッシュに海外へ!なんて気軽にいけそうです!

1.福岡ー台北・桃園 2時間15分

2.福岡ーグアム 3時間45分

3.福岡ーマニラ 3時間55分

4.福岡ー香港 3時間30分

5.福岡ーハノイ 3時間45分

6.福岡ーホーチミン 4時間20分

7.福岡ーバンコク 5時間30分~6時間

8.福岡ーシンガポール 6時間35分

9.福岡ーマレーシア 6時間

10.福岡ーホノルル 7時間40分

(※上記時間はおおよそであり、最短時間となります。)

スポンサーリンク

台北・桃園(台湾)

福岡直行便,台湾

福岡直行便,台湾

福岡直行便,台湾
出典:tabicoffret.com

台湾最大のとしは台北、字のごとく台湾北部に位置します。
他にもたくさんの観光地があるので一回では満足できないはず。

食べ物は美味しい、どこか懐かしい感じもある台湾。
近代的な建物も増えて経済発展も目に見えてわかります。

台湾の人たちは日本人に対してとても親切に接してくれます。
意外と日本語が通じる可能性も高いというのは安心できる要素です。

ローカル列車平渓線と天燈上げ 十分瀑布・九份観光が一番注目したいところかな!
ノスタルジックな雰囲気がまた素敵なんです♪

所要時間:2時間15分

日本との時差台北:-1時間

為替レート:1TWD=約3.56円
※2019年12月10日時点のレートです。

チップ:一般にチップの習慣はない。

税金:商品の価格には5%の消費税が含まれている。
税金還付制度(TRS)実施店で一定額以上の買い物をした場合返却される。

ビザ:90日以内の観光目的で滞在の日本国民は、
出国のための予約済みの航空券か乗船券を持っていればビザは不要。
それ以上の滞在や留学などはビザが必要。

パスポート:残存有効期間は滞在日数以上あれば良い(2017年8月15日より)

入国時に必要な書類:入国時に入国カードと、必要な場合は入国税関申告書を提出する。

:水道水はそのまま飲用しないほうがよい。

言語:中国語。英語の通用度は日本と同程度。観光地やホテルでは、むしろ日本語のほうがよく通じる。

電圧とプラグ:110V、60Hz。日本の電化製品はそのまま使える場合が多いが、パソコンなどの精密機器には変圧器使用をすすめる。

スポンサーリンク

グアム

福岡直行便,グアム

福岡直行便,グアム

福岡直行便,グアム



アメリカ合衆国自治的・未編入領域のグアムは、観光地・リゾート地として多くの観光客が訪れる場所です。

比較的治安も良く、オーシャンビューのホテルに泊まると最高に気持ちがいい。
プールもあってすぐ目の前にホテルのプライベートビーチがあると、のんびり過ごせるし移動時間も少ない、ホテルがタオルを貸してくれるので便利♪

食べ物も美味しいですよ!ショッピングも楽しい♪BBQなどで楽しむこともできます!

所要時間:3時間45分

日本との時差:1時間

為替レート:通貨単位は米ドル($)とセント(¢)。

チップ:アメリカと同様、チップの習慣がある。

税金:グアムは輸入関税のかからない自由貿易港(フリーポート)なので、どの店も免税。

ビザ:90日以内の観光・業務の目的で、往復航空券を持参していれば査証(ビザ)は不要。

パスポート:有効残存期間は帰国時まで必要(入国時45日以上が望ましい)。

:グアムの水道水は石灰分が多いので、飲用にはミネラルウォーターがベター。

言語:公用語は英語とチャモロ語。英語の通用度はほぼ100%通用する。

電圧とプラグ:電圧は110~120Vで、周波数は60Hz。充電式の電気カミソリなど短時間なら日本の製品でも問題ないが、長時間の使用は変圧器が必要。

マニラ(フィリピン)

福岡直行便,マニラ,フィリピン

福岡直行便,マニラ,フィリピン

福岡直行便,マニラ,フィリピン

近年、ものすごいスピードで経済発展している国です。
建物も綺麗で近代的なモノが増えた一方で、郊外へ行くとキレイな海があり、リゾート地も点在してます。

路地裏など暗がりには行かない方がいいでしょう。いくら経済発展しているとは言え、貧富の差はいまだ縮まっていない様子。
脅すわけではありませんが、料金が高くても安全性のあるタクシーに乗車してください。夜道は歩かないことをオススメします。

所要時間:3時間55分

日本との時差:-1時間

為替レート:単位はフィリピン・ペソ(P)。補助通貨はセンタボ(¢)。P1=100¢。

チップ:空港やホテルのポーターには荷物1個につきP10~20

ビザ:30日間以内の滞在ならビザは不要。

パスポート:フィリピン出国日まで有効であることが条件

:市販のミネラルウォーターを飲用するのが安心。

言語:国の公用語はフィリピノ(タガログ)語。英語は共通語で、アジアで一番通用度が高い。

電圧とプラグ:220V、60Hz。プラグは日本と同じAタイプがほとんど。B3、C、Oタイプも見られるので、100-240Vに対応していない電気製品を使うためには変圧器が必要。

※2017年7月より公共の場での喫煙が全面禁止

香港

福岡直行便,香港

福岡直行便,香港

福岡直行便,香港

香港はニューヨークを凌ぐ金融街です。
狭い土地にひしめくように人々が動き暮らしている、とても活気がある場所だなと改めて感じることができます。

観光地という感じではなく、ショッピングと食事を楽しむイメージがありますよね!
食べ物はB級グルメがとにかく美味しい!
アジアを旅した中で香港のごはんは、最も美味しくずっと食べてたい。

夜景もキレイなのは皆さんご存知の通り。
高台から見ると本当に宝石箱のようですし、目線を下ろして船から見ると夜景に圧倒されます!圧巻です!

(※2019年12月現在:デモが激化して交通が不便になっている、巻き込まれる恐れがあるので避けた方が良さそう。)

所要時間:3時間30分

日本との時差:-1時間

為替レート:通貨単位は香港ドル(HK$)とセント(¢)。1HK$=100¢=約14円

チップ:香港ではイギリス文化の名残としてチップの習慣が根強い。

税金:消費税はかからない。ローカルな食堂やファストフード店以外のレストランでは10%のサービス料が加算される。

ビザ:日本国籍の人の香港入国は、90日以内の滞在なら不要。

パスポート:パスポートの残存有効期間は、香港滞在が1ヵ月以内ならば「入境時1ヵ月+滞在日数以上」

:生水は飲まないほうがよい。

言語:公用語は英語と中国語(広東語と北京語)

電圧とプラグ:電圧は220Vで周波数50Hz。日本国内用の電化製品はそのままでは使えないので、変圧器が必要。

ハノイ(ベトナム)

福岡直行便,ハノイ

福岡直行便,ハノイ

福岡直行便,ハノイ
出典:http://fkdk.net/vietnam-ph/ph02.htm

ハノイの中心街には高層ビルも立ち並んでいるくらい、目覚しい経済発展を目の当たりにできる。

しかしビルだけではない!少し離れれば、美しい水辺や伝統的な繁華街やヨーロッパの影響を受けた路地など魅力的な街並みを堪能できる。

ハノイはとてもキレイなところ。そして人々も優しい、押しつけではなくとても自然体の笑顔が素敵。女性がスリムでキレイなイメージかな♪

所要時間:3時間45分

日本との時差:-2時間

為替レート:通貨単位はドン(Dong=VND)。1円≒216ドン、US$1≒2万3195ドン

チップ:チップの習慣はなく、基本的に不要。

税金:基本的に10~20%のVAT(付加価値税)がかかるが、現実的に旅行者レベルでの買い物、支払いにはほとんど適用されていないようだ

ビザ:入国時点で6ヵ月間以上の残存有効期間を有するパスポートと、出国用の航空券を有する日本国民に対しては、15日間以内の滞在に限りビザは不要となっている。

パスポート:ビザ取得時(ビザなしの場合は入国時)に6ヵ月間以上の残存有効期間が必要。

:水道水は衛生面に問題があるため、飲まないほうがよい。

言語:公用語はベトナム語。外国人や旅行者を相手にする所では英語がよく通じる。店によっては日本語が通じることもある。

電圧とプラグ:電圧はほとんどが220Vで、稀に110Vがある。日本の100V用電気製品を使用するには、変圧器が必要。

ホーチミン(ベトナム)

福岡直行便,ホーチミン,ベトナム

福岡直行便,ホーチミン

福岡直行便,ホーチミン,ベトナム

ベトナム最大の都市で、高度成長期にある現在のベトナム経済を牽引している。フランスの面影を残す建物が現存するため、「東洋のパリ」と呼ばれている。

そしてホーチミンといえばバイクが多くてなかなか対岸へ横断できない。ぶつかると思って躊躇していたら永遠に渡ることができないので、ここはバイクや車の運転手を信じて、できる限り止まらずスーっと渡ろう!

カフェや雑貨屋さんがフランスっぽいというかアジアっぽくない。アジアなのにアジアっぽくないところが惹きつけられるのかも!パン屋さんが多いのも特徴で、どこも美味しいパンがたくさんあります!

所要時間:4時間20分

日本との時差:-2時間

為替レート:通貨単位はドン(Dong=VND)。1円≒216ドン、US$1≒2万3195ドン

チップ:チップの習慣はなく、基本的に不要。

税金:基本的に10~20%のVAT(付加価値税)がかかるが、現実的に旅行者レベルでの買い物、支払いにはほとんど適用されていないようだ

ビザ:入国時点で6ヵ月間以上の残存有効期間を有するパスポートと、出国用の航空券を有する日本国民に対しては、15日間以内の滞在に限りビザは不要となっている。

パスポート:ビザ取得時(ビザなしの場合は入国時)に6ヵ月間以上の残存有効期間が必要。

:水道水は衛生面に問題があるため、飲まないほうがよい。

言語:公用語はベトナム語。外国人や旅行者を相手にする所では英語がよく通じる。店によっては日本語が通じることもある。

電圧とプラグ:電圧はほとんどが220Vで、稀に110Vがある。日本の100V用電気製品を使用するには、変圧器が必要。

バンコク(タイ)

福岡直行便,タイ,バンコク

福岡直行便,タイ,バンコク

福岡直行便,タイ,バンコク

バンコクだけに限らずタイにはいたる所に屋台がたくさんあります。香辛料、ハーブなどを多用し、辛味、酸味、甘味など組み合わせが日本と全く異なる。好き嫌いが分かれる場合がありますが、すっぱ辛い感じなので苦手な人はちょっと辛い(^_^;)

そして、タイへ行ったら有名寺院へは行っておいたほうがいいでしょう。日本とは真逆にきらびやかな寺院が点在してます。
ショッピングは水上マーケットと市場で楽しめる。地元に根付いた文化、食べ物、人々を肌で感じられます!

所要時間:5時間30分~6時間

日本との時差:-2時間

為替レート:タイの通貨はバーツ(バートとも)Baht(Bと表記)。補助通貨はサタン(Satang)で、100サタンが1バーツ。為替レート1B≒3.58円

チップ:日本の心付け同様、高級な場所ではいくらか渡したほうがスマート

税金:タイではほとんどの商品にVAT(付加価値税)が7%かけられている。条件が揃っていればVATが払い戻される。

ビザ:観光目的で入国し、入国後30日以内に出国する航空便が予約済みチケットおよび1人1万B(家族で2万B)相当の現金があれば、ビザなしで30日(29泊30日)滞在できる。

パスポート:タイ入国時に残存有効期間が6ヵ月以上あれば入国可能。

入国時に必要な書類:タイ入国時に、出入国カードの記入が必要。税関申告書は必要な人のみ。

:水道水は飲まないこと。

言語:公用語はタイ語。英語は高級ホテルなどではある程度通じる場合がある。

電圧とプラグ:タイの電気は220V、50Hz。日本仕様の電気製品を利用する場合は変圧器が必要。

シンガポール

福岡直行便,シンガポール

福岡直行便,シンガポール

福岡直行便,シンガポール

シンガポールへ行くと日本人は安心できるのではないかと思う。
なぜなら街がとても清潔だから、厳しいゴミなどのルールも簡単にクリアできるはず!

そしてシンボルといえばマーライオン。最近は「マリーナ・ベイ・サンズ」がシンボルになってますね。

マリーナ・ベイ・サンズ空中庭園は、一度は行きたい!上からの景色をみたい!
マリーナワンを見渡せる広大な敷地に「植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」があり、高さ50mの人工の木「スーパーツリー」はまるでSF映画の中にいるような気分!

市中心部からナイトサファリへはタクシー約30分で到着する。ナイトサファリなんてなかなか体験できないので時間があったら是非!

所要時間:6時間35分

日本との時差:-1時間

為替レート:通貨単位はシンガポール・ドル(記号はS$)、補助通貨単位はシンガポール・セント(記号はS¢)。S$1=約76円

チップ:基本的にチップの習慣はない。

税金:通常、商品には7%の消費税(GST)、ホテル料金やレストランにはプラス10%のサービス料が加算される。

ビザ:14日もしくは30日間(入国審査官の判断による。通常、一般的な観光の場合は30日間となることが多い)の滞在なら不要。
原則としてシンガポール出国のための航空券(オープンチケット可)が必要。

パスポート:パスポートの残存有効期間は「滞在予定日数+6ヵ月」以上。

:シンガポールの上水道はWHO(世界保健機関)の審査基準をクリアしており、生水を飲むことができる。

言語:公用語はマレー語、英語、中国語(北京語)、タミール語

電圧とプラグ:電圧は230V、周波数は50Hz。
変圧器が必要となるが、ほとんどのホテルで貸し出しサービスがある。

マレーシア

福岡直行便,マレーシア,クアラルンプール

福岡直行便,マレーシア,クアラルンプール

福岡直行便,マレーシア,クアラルンプール

マレーシア。名前は聞いたことがあるけどハッキリと説明出来ない人も多いのではないでしょうか?
最近では、マレーシアの特集も良くみられるようになりました。

それは、日本人移住者やビジネス展開をマレーシアで!という人も増えてきたから。

治安がさほど悪くなく、物価が安い。
また、設備の豪華さにスポットが充てられている事が多いので、良い旅ができます。

有名なのは「ペトロナスツインタワー」

近代的で高いタワーもありつつ、マレー文化も根強く残っていていろんな場所で「異文化」を感じられるのがポイントです。

マレーシアはイスラム教国ですが、植民地時代はイギリスの占領下にあったため、イスラム文化とイギリス文化が混ざった独特のオリエンタルな様式が魅力的。
建物好きな人は、街を歩いているだけでもワクワクします。

所要時間:約6時間

日本との時差:-1時間

為替レート:通貨単位はマレーシア・リンギット(RM)、補助通貨単位はマレーシア・セン(¢)。RM1=約25.25円

チップ:基本的にチップの習慣はないが、観光地では習慣となりつつある。ポーターにはRM5くらいを目安に渡せるとスマート。

税金:ホテルやレストランで、サービスチャージ10%が料金に含まれている。

ビザ:観光目的で90日以内の滞在であればビザは不要。

パスポート:パスポートの残存有効期間は入国時6ヵ月以上必要。未使用査証欄が2ページ以上(原則として連続)必要。入国時に指紋認証あり。

:水道水は避け、ミネラルウォーターを飲用したほうがよい。部屋に置いてあるポットに入った無料の水は水道水を使用している場合がほとんどなので注意が必要。

言語:公用語はマレー語だが、英語もよく通用する。ほかに中国語、タミル語など。

電圧とプラグ:電圧は240Vで周波数は50Hz。日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。

ホノルル(ハワイ)

福岡直行便,ハワイ,ホノルル

福岡直行便,ハワイ,ホノルル

福岡直行便,ハワイ,ホノルル

福岡からまさか直行便がでてるなんて思わなかったが、遠くても一度は行きたい、一度行けば再度訪れたいと思わせるハワイ!

美味しい日本食が豊富で日本語も通じることが多く、シニアでも安心して海外旅行へ行けることもありいつも高い人気を誇る。
ショッピングにマリンスポーツにグルメに自然。なんでも揃うし、情報が盛りだくさん!ハワイでは何を最初に食べようかと迷うくらいです!

所要時間:7時間40分

日本との時差:-19時間

為替レート:通貨単位はドル“$”とセント“¢”。

チップ:チップの相場
【タクシー】メーターの15%前後
【レストラン】勘定書の15%前後
【ホテル】ベルマンに荷物を運んでもらったときは荷物1個につき$1。ハウスキーパーにはベッド1台につき$1。ルームサービスは料理代金の15%ほど。

税金:日本の消費税と同じく、ハワイでも買い物、食事の際に約4.166%(オアフ島のみ約4.712%)の州税がかかる(バスの料金などは税込み)。またホテルの宿泊料金には州税のほかに9.25%のホテル税が加算される。

ビザ:90日以内の観光・業務の目的で、往復航空券を持参していれば、アメリカ入国にビザは不要。
【ESTA(エスタ)】ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA: エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければならない。

パスポート:ビザなしで渡米する場合、2016年4月1日より渡航者はEパスポート(IC旅券)の所持が必要となった。この規定は、すでに有効な電子渡航認証(ESTA)を取得している渡航者にも該当する。そのため、ビザ免除プログラムでの渡航者は、所持しているパスポートがEパスポート(IC旅券)であるか渡米前に確認すること。

:ホテル内の水道水は問題なく飲める。ただしミネラルウォーターを愛飲する地元の人も少なくない。

言語:公用語は英語。またハワイ語の通用度も高い。日本語も通じる場合が多い。

電圧とプラグ:ハワイの電圧は110/120ボルト・60ヘルツ。プラグは日本と同じタイプA。充電式の電気ひげそり、ドライヤーなどは短時間の利用ならOK。

まとめ

いかがでしょうか。日本で福岡は単なる地方都市。ですが、アジアに一番近い入口でもあるのです。

直行便で、しかも数時間で到着するから疲れを最小限に抑えることができる。時差もハワイ以外はおおよそ2時間以内だから時差ボケすることもない!

疲れが少ない分、到着当日から現地で楽しめるのがいいんです♪たまにはリフレッシュして、帰国してまた日常生活を楽しもう!

福岡空港までの交通の便利さ、直行便で行ける海外、数時間で行ける海外。頑張った自分にご褒美を与えてもいいかも♪